• 代表・奥山

ジビエ時評 (11) ジビエの「風味」について

「硬くてクサい」


昨今のジビエのことではない。150年ほど前、幕末の牛肉についての評価である。それが、10年そこそこ明治の初めには牛鍋ブームが起きている。この場合、西欧文化への憧憬があったであろう。


50年ほど前、ヨーグルトは当時牛乳を腐らせたクサい飲み物と敬遠されていた。それもいつしか忘れられて今日に至っている。この場合、「美容健康・不老長寿」が人々を動かしたのであろう。


3年ほど前から「マタギ」が注目されるようになった。マタギは青森・秋田・岩手・山形・新潟の山岳地帯に住む狩猟集団だが、生活習慣全般にわたり一般の日本人と異なる文化を守り続けており、このことが観光客の誘因となっている。



狩猟獣はクマ、シカ、イノシシ、ウサギが主で、素朴な調理法ながら素材の旨味を存分に活かした「マタギ料理」が評判である。


興味深いのは、東京や大阪のマタギ料理店を訪れた人たちが、特有のニオイに現地を思い出し、「野生味が懐かしい」「美味しい」と述べていることである。


美味しさを感じさせるのは、口に入れる前の視覚・嗅覚と、口に入れたあとの食感・味覚・咀嚼音などである。


このうち特に重要な働きをするのがニオイにかかわる嗅覚である。圧倒的に多いニオイ分子の受容体によって口の中で味覚と渾然一体となった新規の複合味覚、すなはち「風味(フレーバー)」をつくり出してくれるからである。


風味はすぐれて「文化的」である。つまり、経験(思い出)や主観に影響されるところが大きい。


ジビエには未知の冒険や物語がある。風味はそれをさりげなくわれわれに気づかせてくれる。紅茶に浸したマドレーヌのように。

 (2019年12月)

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジビエ時評(13) ジビエンヌ (gibienne)

女性と男性の感性が異なるのは当然だ。 ただ、その受け止め方にはズレがある。女性のばあい、乙女チックな過剰表現が誤解を招いている。 「怖-い」「キモチわる-い」「かた-い」「クサ-い」などと、いかに自分がか弱くデリケートであるかのごとく反射的に叫ぶのだが、だまされてはいけない。本性はそんなヤワでない。命を預かり守るのが使命であるいじょう当然ではあろうが・・。 「狩りガール」という言葉が使われだしたの

ジビエ時評 (12) カラスを食べる・・・

講演ではどうしてもシカ・イノシシが主役になる。 ひととおり終えたあとの質疑で「カラスは何とかならないか」と問われたことがあった。 平成30年度の鳥獣害被害実績調査によると、 愛媛県では、1位=イノシシ約2億3千万円、2位=カラス約4千9百万円、3位=ヒヨドリ約4千万円、 高知県では、1位=イノシシ約4千9百万円、2位=シカ約3千6百万円、3位=サル約1千6百万円、4位=カラス約1千万円となっている

ジビエ時評 (10) ジビエ料理に良き伴侶を

11月21日、フランス産赤ワインの一つボジョレー・ヌーボーの発売が解禁された。ボジョレーはある地域の名称、ヌーボーは試飲用新酒の意味である。もともと販売業者向けだったものが、一般消費者を対象とする大きなイベントに変身してこんにちに至った。 そうなると、今では「ヌーボー (nouveau 新造の)」それ自体が珍重されるようになり、味わいそっちのけのさわぎとなっている。 洋の東西を問わず料理と酒類の組