• 代表・奥山

ジビエ時評 (7) 鳴りわたる警鐘・・・・ 

昨年(2018)9月、岐阜県で26年ぶりに発生した豚コレラは、そのご愛知、長野、滋賀、大阪、三重、福井、埼玉、富山、石川と、感染地域を増やしている。


豚コレラはウイルスによる感染症で、ブタとイノシシにとってきわめて致死率が高く、養豚業に壊滅的な被害をもたらすものである。ヒトに感染・発症することはないといっても、媒介者にはなりうるわけで、けっきょくイノシシ~ブタ~ヒトの間の複雑なかかわりが感染を広める結果をもたらしている。


とは申せ、野生獣であるイノシシの扱いが唯一・最大の課題であるのも事実である。一例をあげると、屋外での内臓摘出に関し、鮮度を重視する立場からは一定条件のもと「認めるべし」とするのに対し、ウイルス拡散防止などを重視する立場からは「認めるべきでない」とする意見が根強い。要するに、ゆるやかルールやいいかげんな処理がまかり通る世界のままということである。


問題は万一ヒトにかかわる事故が起こった場合である。コレラ以外にもE型肝炎ウイルスなどの病原がある。これまでの慣習や既得権益に気を遣っていた行政が一転強硬な「指導」に踏み切る


可能性がきわめて高い。その際一時的に流通が滞り、風評被害が流布することが予想される。豚コレラ問題はジビエ時代の幕開けに鳴らされた警鐘といえるのではなかろうか。



「豚コレラ」には上記(classical swine fever CSF)のほか、アフリカ豚コレラ(African swine fever ASF)と呼ばれるものがある。ウイルスが違い、したがって対策もまったく異なる。


ヨーロッパで流行していたASFがロシア、ジョージア、中国、モンゴル、ミャンマーまで及んでいたが、今月に入りついに韓国での発生が確認された。容易ならざる事態である。(2019年9月)

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジビエ時評(13) ジビエンヌ (gibienne)

女性と男性の感性が異なるのは当然だ。 ただ、その受け止め方にはズレがある。女性のばあい、乙女チックな過剰表現が誤解を招いている。 「怖-い」「キモチわる-い」「かた-い」「クサ-い」などと、いかに自分がか弱くデリケートであるかのごとく反射的に叫ぶのだが、だまされてはいけない。本性はそんなヤワでない。命を預かり守るのが使命であるいじょう当然ではあろうが・・。 「狩りガール」という言葉が使われだしたの

ジビエ時評 (12) カラスを食べる・・・

講演ではどうしてもシカ・イノシシが主役になる。 ひととおり終えたあとの質疑で「カラスは何とかならないか」と問われたことがあった。 平成30年度の鳥獣害被害実績調査によると、 愛媛県では、1位=イノシシ約2億3千万円、2位=カラス約4千9百万円、3位=ヒヨドリ約4千万円、 高知県では、1位=イノシシ約4千9百万円、2位=シカ約3千6百万円、3位=サル約1千6百万円、4位=カラス約1千万円となっている

ジビエ時評 (11) ジビエの「風味」について

「硬くてクサい」 昨今のジビエのことではない。150年ほど前、幕末の牛肉についての評価である。それが、10年そこそこ明治の初めには牛鍋ブームが起きている。この場合、西欧文化への憧憬があったであろう。 50年ほど前、ヨーグルトは当時牛乳を腐らせたクサい飲み物と敬遠されていた。それもいつしか忘れられて今日に至っている。この場合、「美容健康・不老長寿」が人々を動かしたのであろう。 3年ほど前から「マタギ

Copyright © Shikoku Gibier Co.,Ltd. All rights reserved.