• 代表・奥山

ジビエ時評(13) ジビエンヌ (gibienne)

女性と男性の感性が異なるのは当然だ。

ただ、その受け止め方にはズレがある。女性のばあい、乙女チックな過剰表現が誤解を招いている。

「怖-い」「キモチわる-い」「かた-い」「クサ-い」などと、いかに自分がか弱くデリケートであるかのごとく反射的に叫ぶのだが、だまされてはいけない。本性はそんなヤワでない。命を預かり守るのが使命であるいじょう当然ではあろうが・・。


「狩りガール」という言葉が使われだしたのは数年前のことである。「山ガール」の派生だが、ジビエブームの影響もあるだろう。どのみち好奇心や趣味の域にとどまっていた。


情況に一石を投じたのは2014年刊行の畠山千春著『わたし、解体はじめました』である。


11年3月の東日本大震災を間近かに体験したのをキッカケに、ことに食べ物について、生産の過程をまったく知ることがなく、お金を払うだけという事実に気づいて自らニワトリの解体を体験した著者が、ウサギ、イタチ、烏骨鶏、アナグマと進み、ついにイノシシに及ぶまでを記したものである。


食べることにしか関心のなかった25歳の女性が、心の葛藤を乗り越えながら解体~狩猟へとさかのぼっていく。「食べることは命をいただくこと」という言い方も今や陳腐に聞こえるほど、いっそう真に迫る筆致は緩急自在で楽しくさえある。


キーワードの一つが「同化」である。「お肉を食べるというのはその動物と同化すること」という達観には感動を覚える。


参考まで、農業高校で学ぶ女子生徒の割合は90年代半ばから上昇中で、現在49%になっているという。


「ジビエンヌ」は日本式造語である。「ジビエ(gibier)=狩猟鳥獣(肉)」と「パリジェンヌ(Parisienne)=パリ女」の語尾から合成した。



(2020年2月)

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ジビエ時評 (12) カラスを食べる・・・

講演ではどうしてもシカ・イノシシが主役になる。 ひととおり終えたあとの質疑で「カラスは何とかならないか」と問われたことがあった。 平成30年度の鳥獣害被害実績調査によると、 愛媛県では、1位=イノシシ約2億3千万円、2位=カラス約4千9百万円、3位=ヒヨドリ約4千万円、 高知県では、1位=イノシシ約4千9百万円、2位=シカ約3千6百万円、3位=サル約1千6百万円、4位=カラス約1千万円となっている

ジビエ時評 (11) ジビエの「風味」について

「硬くてクサい」 昨今のジビエのことではない。150年ほど前、幕末の牛肉についての評価である。それが、10年そこそこ明治の初めには牛鍋ブームが起きている。この場合、西欧文化への憧憬があったであろう。 50年ほど前、ヨーグルトは当時牛乳を腐らせたクサい飲み物と敬遠されていた。それもいつしか忘れられて今日に至っている。この場合、「美容健康・不老長寿」が人々を動かしたのであろう。 3年ほど前から「マタギ

ジビエ時評 (10) ジビエ料理に良き伴侶を

11月21日、フランス産赤ワインの一つボジョレー・ヌーボーの発売が解禁された。ボジョレーはある地域の名称、ヌーボーは試飲用新酒の意味である。もともと販売業者向けだったものが、一般消費者を対象とする大きなイベントに変身してこんにちに至った。 そうなると、今では「ヌーボー (nouveau 新造の)」それ自体が珍重されるようになり、味わいそっちのけのさわぎとなっている。 洋の東西を問わず料理と酒類の組

Copyright © Shikoku Gibier Co.,Ltd. All rights reserved.